グーグルブック検索

すすき
今この事務所ではエアコンを27度に設定している。半そでの私の腕には鳥肌が。
夜タオルケット1枚では寒くなってきたけど、毛布も日に干してからじゃないと掛ける気にならない。明日、あさっての天気が気になる。

ところで「グーグルブック検索」というのを知っていますか?事柄に関する本を読みたいと思ったときにすぐ探せる便利な機能です。

例えば「孫育て」の本を読みたいと思ったとき、
○ヤフーでもグーグルでもいいんですが、まずグーグルブックと入力して出た検索結果から「グーグルブック検索」を見てください。
○「書籍の検索」と書いてある左窓にと入力し、「書籍の検索」をクリックすると、本文中に「孫育て」が入っている書籍が表示されます。
○書名または画像をクリックすると、本文の何ページ分かが閲覧でき(20パーセント程度)、本文中の「孫育て」という語句に黄色いマーカーがつけられています。

更に、「この書籍を購入」という項目もあり、Amazonや紀伊國屋ブックスなどのオンライン書店、直販機能があれば自社のHPにもリンクが張れ、すぐ購入することもできます。地域の書店も案内してくれます。

「孫育て」といえば吉備人には「孫育ての時間」があるじゃないの- ということでグーグルブック検索に我が社も参加することにしました。

相変わらず 何らかの入力ミスを犯している、しかしミスの原因がなかなか分からないという悪戦苦闘の登録でしたが、何とか無事終了し、とりあえずは5冊の書籍を「グーグル」へ送付しました。
「孫育て」「子育て」「桃太郎」「山田方谷」辺りで検索すると 吉備人出版の本がバーンと出る日も近いでしょう。

「グーグルブック検索」参加にあたっての、こまかな内容の私の質問メールには検索サポートチームから分かりやすく説明された返事をいただきました。Amazonのときもそうでしたが、そこには”人 ”の気配を感じました。もしかして抜粋ページ、全ページのスキャニングも人力で??
スポンサーサイト

彼岸花と父と母とムコさん

彼岸花と粗おこし
24日には農作業。まもなく82歳になる父と78歳の母と、トラクターに乗るムコさん。私は何をしてたかと言われると・・・。母が草刈機で刈り取った岸の草を熊手で田んぼに掻き落した。
草刈機が使えるようになるといいのだけど、エンジンの音とブンブン回る丸刃が恐くてさわれない。「鎌で刈るよ」というと、母に「マヒョウシアウカァ!」(注;てんで間に合わないの意)と一蹴される。農作業は遊びじゃないんだ。
ので、できたのは熊手をもってカキカキ落とすこと。草刈機は長くて、前が重く帯を肩に掛けるので、肩に負担がかかる。足を踏ん張るし、特に岸などは傾斜しているので足元がヨロヨロするととても危険だ。
でも、私ができないのでやはり、父か母がしなくてはならない。
いつもしている作業とはいえ、あとで肩や足が疼くだろうな。

お彼岸。和尚さんがカブにまたがって壇家を回る。
「やりょうたなぁ。早う、田を挽きんさったなぁ」
「田植えはビリじゃけど 粗起しは一番じゃ」と母。

3時頃、作業が終わった頃に大雨が降り出した。

熱かった!9月23日

friedpride
9月23日初”MO;GLA”!
お彼岸のこの日、倉敷の墓参りを済ませ、MOGLAへ。初めてのライブハウス体験!
稲刈りも終わったし、聴きたかったフライドプライドだよ!
とてもとてもとても楽しかった よかった。二時間超ノンストップ、アンコールも三回。「もう最後やでホンマにー」と言いながら明るくなった店内に再々々登場してくれた。下は0歳児から上はきっと60過ぎの人まで、300人くらいの一体感!
どんどん乗ってきた。隣は夫だったので、たとえばテレビなんか見て涙流すところをみられたくないくらい、ステージ見て一緒にうたったり、体を動かしたりするのは照れくさいんだけど、そんなこと、かまっちゃいられなかった。私は自由だーみたいな。

でも一緒に行くと後でいろいろ言い合えるのが楽しいんだな。
「My Favorite Things」たっぷり聴かせてもらったなぁ と夫にいうと
「ありぁ やっぱりコルトレーンだぜ」なんていうけど、スタンダードでも昔のイメージのない私にとってはコレがいいのよ。魔法使いみたいなボーカルが。30ちょい過ぎの人も多かったから、その人たちもきっとそうなのではないかしらと思う。日本語ナンバーの「リバーサイドホテル」が陽水の曲だなんて知らなかったら面白いね。なんて

最新のアルバムを買ってサインもしてもらった。二人ともやさしく白いふんわりした手だった。まさか写真が撮れると思っていなかったので、いつもバッグに入れているカメラを持っていなかったのが悔やまれた。でも、サインのあとShihoが「素敵ですね」と言ってくれたので、その日身に付けていたアクセサリーをサインしてもらったDiskとともに撮影してみました。

で、その後、GGC(ドイツパブ)で晩御飯。オクトーバーフェストスタンプラリー開催中。ドイツビール制覇してTシャツがもらえる。店中にあふれるビール好きの面々。何いってるか分からないけど楽しげな声。ここも満員大盛況。お盆にこの店で知り合った人が声を掛けてくれてとても嬉しかった。その人たちもこの店で知り合ったんですって。
そして、〆は「コマンド」で。買ったばかりのアルバムをかけてもらいました。
熱く熱くちょっぴり都会的な夜でした。明けて、24日は農作業をしに大佐町に帰りました。

知らなかったよー

オランダ通りPM6:30
開店まもなくの飲み屋さん。ドアは開けられまま。ちょっと覗くとまだお客さんは入っておらず、準備を終えたらしいスタッフがカウンターにぼんやりと座っている。

昨日、「メールを消す」ことを書いたら、便利テクを教えてくれる親切なメールが届いた。何かには書いてあるのかもしれないけれど、実践でそのときに教えてもらうのが一番身に付く。

「shift押しながらでいらんメールの順番の一番下と、一番上をクリックするといらんメールを一括削除とかできて楽だよ。
ただし間にはさまれたメールを全部選択しちゃうけど。
もしもまとめて選んだ中に消したくないメールとかあったら、それをctrl+クリックするとそのメールだけ選択解除できます。大量のスパムとか消すのに便利です。
お試しあれ。」


そして知ってたらごめん。←なんと、控えめなー。ありがとう。知らなかったんだよ。
得意気に代表アドレス books@kibito宛の大量の迷惑メールを削除するところをY氏とK氏に披露。頻繁に使うメールだけど、ソウナンカー知らなかったよ。(by Y&K)ということでした。

お導き下さい

白鳥
緑どろどろの堀に漂う白鳥。なんで白い羽のままでいられるのだろう。

朝9時30分~定例清掃
午前10:00 昨日から気になっている1件の消せないメール。それを選ぶだけで砂時計が動き続け、Outlook ex強制終了しか術がなくなる。放っておくわけにもいかず、Canonさんに連絡して「どうしたらいいんですか?」とたずねると、
「前後のメールと一緒に削除してみてください。できなければフリーダイヤルのサポートセンターへ電話して。」との返事。(最近はいつもこうよ。前はすぐに来てくれていたじゃない。サポート料金だって払ってるのに・・・)と少し恨めしく思いながら、第一段階のまとめて削除を試みる。無理。だって選ぶと砂時計なんだもの。
そして、サポートセンターへ電話する。「どうぞ正しい方向にお導きください」-
受話器の向こうの男性に導かれるままに簡単な方法から試みる。また砂時計また強制終了を何回か繰り返し、「これは受信トレイが壊れている可能性が大きいですね。」
壊れているってよく使うけど壊れているのね。と修復作業に入る。まずはメールの保存フォルダを作って消したくないメールを放り込むところから・・始まり
「はいそこでミギクリック はいヒダリクリック バツマークで閉じて、スタートから開いて、ハイモウイチド、ヒダリにあわせてコピーして、ダメですかモウイチド、」
導かれるままに1時間半。午前11時30分 なんとか治った というか別のものを作って、前の消えないメールはそのままバックアップ用のフォルダに入ったままcドライブとかいうところに行きました。

分からないんだけど、全く分からないんだけど、サポートマニュアルもすごいんだろうな。いや、それ以上に訳もわかっていないおばちゃんを電話で声を荒げることもいらつくこともなく、丁寧に根気強くお導き下さりありがとうございました。
1時間半かかって何とかなったときには電話の向こうから胸をなでおろす雰囲気が-。「長くかかってすみませんでした」「いいえ~お世話になりました」との会話の中には、私たち二人で共同作業を終えた喜びが詰まっていたと確信しています。

私なりに 今日の作業の中ででひとつ得た技がある。例えばトレイにあるメールを複数選択するとき、Shiftキー+↓だと連続しての選択しかできないけれど、Ctrlキー+クリックだと連続していなくても複数の選択ができるってこと。初歩的なこと?だって知らなかったよ今まで。

思いがけない発見

かわいい
表町3丁目、新西大寺町と交差するところにある時計台。この時計台は「時計台より手前?むこう?」とかいって表町内の所在地を確かめたりするのによく使われる表町のシンボル。
まだ6時ごろなのに店じまいしてる店が多い。単に時間的な店じまいでもなく閉店しているということかしら。
ふと時計台を見上げると、巨大折鶴と西日に浮かぶメルヘンの世界。
眺める店先がないから、上を向いたら、こんなん在ったんだ!

オランダ通りで、時々行くお店のマスターと出会う。薄暗いところでしか顔を見ないし、私一人でその店に行ったこともないのに、自信なさそうにでも挨拶をくれたのが嬉しい。
会社のそば、道の向こうから誰か手をふる人がいた。「あ・・」と私は誰か分からないまま手を挙げかけたところにタクシーが停まった。「なんだタクシーとめたのか」と思っていたら、タクシーはその人を乗せずに発車した。道の向こうの人は、何かの個人的な理由でただ手を挙げただけだったらしい。

雨に濡れて

ケイトウ
雨の中力強く咲く鶏頭の花。お盆に帰省したときには7月の雨と8月の日照りでしょんぼりしていた庭が とても明るくなった。連休は雨、雨。野の花も咲いている季節。田んぼを歩き回るのも楽しみだったのに。

新見地域の小学校では いつも9月の第二週に運動会を予定しているらしい。午前は学校主催、午後は地域の運動会だ。
16日は朝はパラパラと時折落ちる程度の雨だったのが、午後からどしゃ降り。昼過ぎに私の母校田治部小学校の前を通りかかると、綺麗に飾られた万国旗や整備されたグラウンド、そしてテントの中にはもしかしたら止んでくれるかもしれない」雨を見つめる人たちがいた。その後、通った正田小学校も同じ。
明新小学校区にある姉のところの孫は幼児クラブの「おかしとり」に参加するのをとても楽しみにしてたけれどあえなく中止。残念そうに戻ってきた。

小さな地域の人たちが明るく集まる運動会。勤め人も多くて、日程もとれず、後日開催というのはむずかしいそうだ。
翌日、垂れた万国旗と足を折られたテントが運動場で寂しげだった。

吉備人HP全面リニューアル!!!!!

城門と秋の空
めちゃくちゃ暑いくせに空だけは秋だ。

吉備人HPリニューアル!
突然のお知らせにみなさんびっくり!していただけるでしょうか?ニコニコプンプンからご覧の皆様、今すぐ吉備人のHPに飛んでみてください。
色めなどずいぶん変わったと思いますが、なるべくトップページから、いろいろな所に入っていけるようにと心がけました。そのために文字数は多めですが、文字の大きさもちょっと大きめに設定しています。
更新情報の窓も設けましたので、吉備人の動き具合が少し分かっていただけるのではないでしょうか。
まだ修正しなければいけないところもありますが、これからもどんどん見に来てください。よろしくお願いいたします。
(16、17日と連休なので更新できないのは残念です)

リビングおかやま連載の「女性の体と健康ノート」に更年期障害になりやすい心理、性格表が紹介されていました。その中の一部【対人関係】の項目(?人に配慮する?できるだけ争わない?摩擦を避ける?自己主張しない?妥協する)
人に配慮はする→しているつもり でも?、?、?、?はわたしには当てはまらないかも。ものすごく気をつけてそうしてきた ということはないもの。おかげで【能力】社会適応能力が高い というところにもあまり当てはまらず、人に合わせようとすると変に気を遣いすぎたりして不自然な自分を見ることになる。
とすると、このチェック項目によれば 私は更年期障害になりにくい ということ!万歳!

赤いカープ!

コテコテカープ
赤い赤いカープ!カープ頑張れ!頑張れカープ!
といっても、最近カープって印象がうすい。

あれは高校二年の秋でした。前前々年の学年修学旅行中に食中毒があったり、前々学年の列車内での喫煙事件があったりで、修学旅行がなくなってしまった不幸な私たちの学年。
江田島でカッター漕ぎやらなんやら非常に厳しい元軍人みたいな人(私の親の世代だったから、たぶんそう)に罵声を浴びさせられながらの海洋訓練と広島市内の散策みたいな、ほんとにかわいそうな研修旅行をあたえられました。
ところが、1975年 広島市内散策のその夜「広島カープセ・リーグ初制覇」!!!!!!!!!!
街は湧きに湧き、何でも タダだぁー持ってけー!みたいな状態だったのを覚えている。カープファンでも何でもないけれど、そんな夜に広島に居合わせるなんて凄い というか そのときはそんなに思わなかったけど、今思うと凄かったね。

野球見るのは好きで、岡山球場やマスカットへも何度か足を運んだ。息子が選手名鑑で得た知識を披露してくれつつ観戦した。ちょっとした自慢なんだけど、オールスター戦だって家族で49枚のはがきを書いて チケットを手に入れた。
子どもたちが、家にいなくなって今は球場へ行くこともなくなった。時々テレビでナイター中継見るくらい。選手の顔ぶれもほとんど変わってしまって誰が誰だかさっぱりわからない。
子どもたちが、カルビープロ野球カード集めてた頃、ジャイアンツの応援に燃えてた頃がなつかしく、そしてそんなエネルギーがあった自分も凄ーい。

お昼時

県庁の昼休み

まだまだ暑い。陽射しはびりびりと肌を突き刺し、風はときおり涼やかに体を吹き通る。日傘をさしつつ、ノースリーブでは寒いって感じ?!
日陰と日向では ずいぶん涼しさが違う。
県庁前広場正午過ぎ。パンやおにぎりを買ってここで昼食をとっている人も多い。
この時間に県庁に行くと上から降りてくるエレベーター、県庁の出口からも一度に人がはき出されて来る。

一斉の昼休みは不便だろうな。内部のことはしらないけれど、食堂だってお店だって混む。昼ごはんを外食するときには、県庁の人と中銀の人に負けないよう12時前を狙う。小回りが利くのは強いのだ。

ケーキは嬉し、返品は悲し。

ケーキ
神戸ケーニヒスクローネのケーキ「神戸アルテナ くりくり栗のくり太郎」です。
しっとり抹茶ケーキの中に栗がたっぷりとチョコレートソース入り。
全く甘いものを口にしないアルバイトのOさんですが、嗅覚と視覚を働かせて 私たちのためにお土産にかってきてくれました。ありがとう。

今日は(毎日 こどもの日記みたいに「今日は」から始まる)、返品伝票をたくさん入力しました。
悲しかったです。ただそれだけです。

ランコムとマスカラとべんり菜

ランコムとマスカラとべんり菜
先日 暴れん坊まつげもシュッと整えると評判のマスカラを買うつもりで天満屋ランコムコーナーへ。
DMには「本状をお持ちください。プレゼントさしあげます」の一言が添えられていた。
水に強いウォータープルーフタイプだとか、新商品だとかのうち2種類を私のまつげに施しつつ、店員さんがささやいた。
「はがきをご持参いただきましたのでプレゼントはお帰りのときにさしあげますから・・・」
「お試し美容液?それともミニグロス?」ささやきに期待が高まった。
1本のマスカラを買い、店員さんが差し出したプレゼントとは-
「べんり菜」の種1袋。ホームセンターなどで売っているそのままの姿。「いっしょに袋にお入れしますね。」
「エ・・・」この組み合わせは妙だ。
この種は 大佐の母にあげて、畑で育ててもらうしかない-。

本日は 8月1日以降の現金の出し入れをあわせる仕事を(も)した。入出金伝票と領収書と事務所内にある現金を合わせる作業。
領収書がないと出金が不明になるし、合わないとなると必死で その原因を探し出す。そして無事現金と帳簿が合えば その後は領収書を貼り付けて保存する。
こうしていると 国会議員の事務所経費に領収書がいらないなんて そんな馬鹿なことがあるのか といつもいつも思うのです。

○○なんとか

あかちょうちん
町内会「じゅんぺい」の赤提灯。たとえばお酒を飲まない人も わたしのように赤ちょうちんに惹かれるのかなぁ。

<今週のできごと>
・月曜日に 卓球をして びりから4番目の7位になる。総勢10名のうち、1名は捻挫の足を持っており、1名は経験なしのいきなりの本番で 実質ビリってことか。順当だ・・・
火曜日 水曜日と過ぎて
・木曜日の定例朝掃除には枯れてしまった観葉植物を鋸で挽いたら埃やら土やらすごいことになって、11時ごろまで片づけをした。発送も多く焦る。
ここのところ帰宅がおそくなり、食事を作って、食べだすのは10時前、寝るまで食べて&飲んでたみたいな日々。おかげで体重は1.5キロ確実に増え、夫と腹の出具合を競っている。

・金曜日 納品ついでにまたワンちゃんショップに立ち寄る。開店1時間後の店には おばぁちゃんとガテンな兄さんが数人。すぐそばの横断歩道信号待ちの親子の会話。
5歳くらいの子「猿いなくなったぁか 買われたんじゃな」
そのママ「・・・(無言)」
子「だって おらんが」ママ「(無言)むにゃむにゃ」
確かにワンちゃんショップの外から見えるゲージには なんとか言う名前の猿が長いこと居ました。
ママは 猿が買われて行ったと思っていないのでしょうか。では 猿はどこに消えていったのでしょう。気になる気になる。
全く 関係ありませんがマスカラを1本買う。

<今週の反省>
言葉をいい加減に覚えていること。
戦争を経験した人たちの話をしているときPTSD(心的外傷後ストレス障害)が言えなかった。まじめに話しているのに「Pなんとか」としか言えず-。
「ドラゴン桜」で「さくらナントカ」って言っていたので最近ははっきりとわからないとき「○○ナントカ」といってごまかすのが平気になってきた。

本物なん?

マスカットオブアレキサンドリア!
いただきものです。種無しぶどう主流の今どき薄緑の皮を手で剥いで、種を吐き出すという手間のかかり方に高貴なものを食しているんだ という実感がわく(?)
さて、いくら岡山県の特産物でも贈答用の上等なものはいただかない限り自分の口には入りません。清水白桃もしかり。考えてみれば清水白桃は1玉1500円以上するし、マスカットオブアレキサンドリアは1房3000円以上する。岡山県人ですが、歓迎します!ぜひシーズンにはよろしく(いったい誰に言ってるんだろう)。

3日前の かわいいわんちゃんの話。
娘が ぬいぐるみかどうか しつこくたずねます。
「ぬいぐるみ・・・?」「ぬいぐるみにみえるけど・・・」「本物?写真もういっこ」「どう見てもぬいぐるみ」

絶対ぬいぐるみと思っているくせに 「生きとん 本物なん?」「爪がついている」とかまた言う。
それに大のおとなが 「一目惚れして可愛かったからといってぬいぐるみなんか買うわけはない」言うのです。
そーかしら・・・ね。

カピカピ

誕生日ケーキ
このケーキを見て「林檎を齧ると歯茎から血がでませんか?」加山雄三がデンターライオンのCMで言ってたのを思い出した。
小社代表Yの52歳を祝うためのケーキです。ジャーン”
ヨーグルトとグレープフルーツの入った フレッシュな お味でした。1スプーンいただきました。
私たちは ケーキやお菓子が好きです。もちろんビールもダイスキです。バイトOさんは 甘いものが苦手です。作業を続ける彼女に ごめんなさい と言いながら毎日平均年齢50歳のオヤツタイムがあります。

さて、今日も一歩も外に出ていません。ほぼ12時間事務所の中です。
会社の中で 伝票打って、請求書を出したり、チラシを作ったり。
この時間になると やっぱり目の下が 乾燥してかカピカピしてきます。
化粧をはがしたい!
お客さんも少ないから いっそ朝からノーメイクでどうだろう とも思うけれど、やはり、ここでも「あんな顔だったんだ」という声が聞こえてきそうで-(あまり変わらないとは思うけど)。やっぱり決心がつかないわ。
素顔、Tシャツ、ゴムスカート、サンダル、素足!
以上5点は 週に一度 土曜日の贅沢だぁ。

そうなんだ

加齢なるスマッシュ
第52歳山川杯卓球大会は9月3日無事終了し、優勝は前評判通り卓球隊長K氏の手に!速すぎてシャッターも切れないみごとな動き「加齢なるスマッシュ」でした。

さて箭内道彦が子どもの頃いやだったこと「人目を気にする自分」。
でも人目を気にするってことは、人の心に敏感だということ。だめだなぁ・・・と思っていた部分を”使える”とあるとき気づいたそうです。

中学校2年のとき、通知表に「人目を気にする」まさにそう書かれた私-なんだか救われた。

箭内道彦はその業界ではバリバリの売れっ子なのに、出身の小学校に行くと誰も彼のことを知らない。制作したCMを数本あげると「知ってる知ってる」と声が飛ぶ。
「何で金髪なんですか?」という質問には
「金髪なのにろくでもないと言われないように自分を追い込むため」

「自分の仕事はCMは商品の宣伝をするということじゃなくて、作った人の思いをどうしたら伝えられるかを考えること」

子どもたち一人ひとりが自分を見つめ、みんなの前で告白する(自分の思いを伝える)ところでは
「どうやって発表したらいいだろう?か考える。できるだけ多くの人に”ソッカー”と思ってもらう方法を考えよう。みんなの耳の穴が広がるような」
「緊張するのは 聞いてくれる人をみんなを大切に思うからだよ」

なんて泣きたくなるような嬉しいことを言ってくれる。
すごいな。すごいな。ほんとにこの人 すごいな。

急ぎ

ペット
一目惚れわんこ。一番街のショーウインドからこちらを見つめてた。地下改札の階段から降りて視力の悪い私の目にも 飛び込んできた。買っちゃった・・・

土曜日 「ようこそ先輩」で箭内道彦を見る。UNOとかハイチュウのクリエイティブディレクター。派手な外見とは違ってまじめな素敵な人だった。
彼の選んだテーマは「告白」。
一人ひとりがみんなに言えなかったことを告白するのだ。
で この続きは明日。

今から 第52回山川杯卓球大会なんです。頑張るわ
Page top