FC2ブログ

スマホの時間

IMG_2589.jpg
電車やバスのなかでスマホを見ているのは女性のほうが多いと感じていた。男性は”いかにも若者”が結構中毒っぽく見ているのが目立つけど、妻帯者らしき年齢の人はさほどでもなく乗り物の中ではぼーっとしてたり目を閉じていたりする。

もちろんゲームやSNSをしている女性も多いだろうが、先日VERYの編集長のコラムで、この時間が女性のひとり時間であり、家事の時間でもあると書いてあり、なるほどね と思った。

ネットで買い物をする。実用衣料、季節の服、生鮮品だったり、植木鉢、肥料だったり、家具や壁紙だったり、ちっちゃなネジに至るまで衣・食・住すべてのものが揃う。
献立を考える。家に食材で検索すれば、簡単なものから手の込んだものまでいろいろなサイトが教えてくれるので献立が決まる。明日のお弁当も決まる。
贈り物もシーンごとに丁寧に教えてくれて即購入できる。
不用品も売る。
自分のためだけではない。これは家事労働だ。

電車に乗ったらみんなみんな揃ってスマホ画面をみているということに非難の目をがむけられがちだけど、その時間で立派に家事をこなしている人も多いということなんだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わたしもほぼ毎日料理サイトを見る=家事
IMG_2595.jpg
トマトスープのロールキャベツを作ったらスープの残りにご飯を入れてチーズを入れてチーズリゾットに って書いてあったからやってみました。
IMG_2591.jpg
スポンサーサイト

それぞれの72時間

IMG_2572.jpg
好物のいわし明太がデパ地下で安くなっていたので。
恵方巻も豆も食べなかった今年の節分。これはおこぼれ。
IMG_2476.jpg
神戸に行った日が節分。南京街は春節祭のプレイベントで賑わっており、ここ南京町広場に多くの人が集い、ここから長い龍が街を練り歩く。

2月3日の神戸は弱い雨がときどき降り、翌日4日は快晴。
先日、NHK金曜日放送の「ドキュメント72時間」は北海道旭川・伝説の宝くじ売り場。
私が神戸にいたとき同時刻、ほぼ同時間の撮影。旭川は吹雪。

雪で視界が遮られるから注意せよというようなテロップまで流れている。気温はマイナス20℃。
想像もつかない極寒。去年一千万あたったとか、六千万あたって冷蔵庫に隠していた人とか、独立して店をもちたいという人、家族思いの人が続々と訪れ、またどこかに帰っていく72時間。

わたしは神戸。街をぶらぶらしたり、ごはん食べたり、子どもたち家族と過ごしたり。おんなじ時間なのに人はそれぞれ。
たったそれだけのことだけど。
そして、北海道は猛吹雪、神戸はこんなに空が青かった!
IMG_2491.jpg

2月某日

IMG_2500.jpg
素敵な男性から素敵なお花をいただきました。2月も終わりにちかづきましたが、ドライになりつつ美しさを保っています。
ぜひ、こうありたいものです。全体をうまく撮れなかったのが残念。

2月某日、わたくしの記念すべき誕生日。とくにとくに本年は節目の誕生日でした。

記念すべき誕生日ということをアピールし、息子一家、娘一家と神戸のホテルに集合、
異人館近くのレストランでディナーまでプレゼントしてもらえました。子どもたちからプレゼントももらっちゃって幸せものだよね💖

が、想像していた以上に この年齢の響きがイヤ 最近でこそいくつになっても○○代女性 と表記されますが、いやーーーー
老婆感がある…真実だからこそいやだなぁ。

住吉大社にお詣り

IMG_2523.jpg
1月成人の日があった連休に大阪住吉大社にお詣りしました。
有名な招福猫は毎月の「初辰」の日にお詣りすると、奇数月は左手、偶数月は右手を挙げた招福猫がいただけるそうです(500円)。毎月通って48体集めて納めると「中猫」1体と交換。「招福猫」48体ということは12か月で割ると最低4年かかるということです。
1対には8年?さらに大猫もいて、大猫にするには中猫1対と子猫48体。大猫1体までに最低12年、大猫1対には×2 で正しい計算としたら24年?
IMG_2440.jpg
て、そんなことをきいたこともあるな と思いつつ、かわいいので売店で一気に1対買ってしましました。
IMG_2427.jpg
そもそも、なんで住吉大社にお詣りしたかというと、

大阪に住む私の娘が この日妊娠5ヶ月の戌の日を迎えたもので安産祈願に出向いたものです。
お昼前には住吉大社についたものの、お正月とあって初参りや厄払い、そして戌の日であり、祈祷の申込所まで長蛇の列。岡山の神社とは規模が違うのですね。1時間以上いや2時間近く立ったまま並び、やっと申込書までたどりつきました。妊婦にはきつそう。1月なのに暖かい日なのが幸い。

初穂料を納めて受付を済ませるといろんな類のお祓いの人が50人ずつくらい番号順に呼ばれ本殿に入ります。
住所、名前、予定日 あるいは○○歳厄払い など途切れることなく流れるごとく読み上げられます(外に向かったスピーカーでみんなに聞こえます)。あとは安産祈願だとお守りや腹帯や誕生石というのもいただきます。

”第四本宮の祭神「神功皇后(じんぐうこうごう)」は、身籠ったまま出陣され、住吉大神の神徳により無事帰還し、御子の応神天皇(八幡神)をお生みになられました。その故事にならって、妊婦は安産の帯を締める習俗が、今に伝わっています。”
とあるので第四本宮にも長い列に並んでお詣りしました。たいへんでしたけど、これで一安心💛

30年以上前になりますが、息子と当の娘のときには、夫の実家がすぐそばにあった倉敷の不洗観音に夫や夫のお母さんといっしょにお詣りしました。いただく幣の節が奇数と偶数で男女を占うというのがあり、結果息子は当たり、娘ははずれ。
性別はどちらでもよいのですが、安産を祈りたい気持ちはよーくわかります。

2019年お正月のころ 初めて整体に行きました

IMG_2408.jpg
2019年 あけましておめでとうございます。おせち料理は、新見の「もり」。
冷凍もの、出来合いものが詰められておらず、中央の海老にもたっぷりお肉が入っていました。きんとんもねっとりおいしい。
完食。
大佐で迎えるお正月、60年近く生きてきて最小数のお正月。母と夫と私 そして犬・海渡。

年末の29日、腰にビリっと痛みが走り(ビチッという音も私には聞こえた)、その後右側のお尻から足に激痛。
坐骨神経痛か。7年前に第三腰椎圧迫骨折というのをやってしまったので、その後座り仕事が続くと出てくる症状だ。
今回は違った。格別に痛い。座っている姿勢から立ち上がるしゃがむができなくはないけれど痛いうえに、寝てても痛む。
それでも、年末年始はやってくるのでひととおりのことは済ませ、4日岡山に戻ってから整体師さんのところにかけこんだ。

その人は以前は丸の内で開業されていて、当時は鍼灸院だった。今は表町に移り主に整体をされている。
10年以上まえに首が回らなくなってマッサージと鍼の治療を受けた人だ。
整形外科に行くとたぶんレントゲンを撮って痛み止めなので、今回はこちらを選んだ。
とにかく痛みをとってほしい。

以前の治療のイメージがあるのでこの激痛には鍼だと勝手に思っていたら、腰を触るわけでもなく、痛むお尻をマッサージされるわけでもなく、ソフトな感じで足の指から原因や状態を確かめていって、腰と右脚外反母趾が関係しているといわれた。

鍼も望まれればしますけど今は整体ですとのこと。身体のことをいろいろきわめているうちによい師に出会ったのだそうだ。
初回は、足の指見られると思ってなかったので夕方の汚れた足の裏や指の間を見せてしまったのが気になった。次回は気をつけよう。
そのうち、痛みもとれるのかしら……と4回通院。

からだのいろいろにひずみがあることも教えられ
「歩いてくださいね。足がダメになりますよ」私の足の指が全然大地をつかめていないことも指摘された。

あと、精神的なことも。行くたびに「ふーん」と思ったけど、治った今は忘れてしまった。

足指のグー、パーは足がつってもやっていればつらなくなりますから毎日やってください と教えられたので毎日やってますわたし。整体師さんに成果を見せるときがあるかしら。

体に弱いところがいろいろ出てくるようだ。マッサージと整体、10年前と今回だけだったのが、そのうち通ってたりして。。。
IMG_2447.jpg
海渡さんも脚が痛くなるので、首や腰やワキやソケイブをマッサージしてやります。気持ち良いらしいです。
Page top