やっと、春!

IMG_8913.jpg
2か月ぶりです。この間に犬と私はまたひとつ年を重ねました。

それにしても雪の多い冬でした。
ちょっと見てくださいね。大佐の庭は2月の終わりはこんなでした。屋根も雪の重みで少し壊れました。
IMG_8854.jpg
3月のお彼岸に帰ったときにも、庭の陰にはまだ雪が残っていました。

それでも、先日26日は暖かくて春の遅い県北にも陽光が。
IMG_8897_20170329195225dff.jpg

私も、タイツを脱いでながーい冬を抜け出せそうです!
IMG_8968_201703291959127c3.jpg オレ、8歳。鼻のあたまに傷ができてハクがついた。
スポンサーサイト

ほのかな香り

雪の中、はしゃぎすぎたのか、脚が痛い海渡。朝夕の散歩に出るのと食事のほかはずーっとこうして横になっている。今日で4日目。

水を飲むのも大変だろうと、親切に氷を口に持っていってやった。

いやいやと顔をそむける。
ハイボールの残りの氷。真水できれいに洗ったのにな。僅かに残った酒の香りを嗅ぎ分けたのか。海渡はぼーっとしていても犬だった。

ぼーっとなんかしてねぇよ、香りじゃねぇよ、酒くせぇんだよ、、、

雪でした。

こんな雪って
IMG_8598.jpg
大雪の日、大佐に帰りました。岡山道有漢インターでは冬タイヤ装着点検あり。ここはクリアーだけど、中国道に入って西に向かいトンネルを抜けるたびに雪の量は増える。
大佐インターで降りて、家に。が、県道から家までの道に30m程が上がれない。雪がいっぱい・・・
時刻は午後2:00頃、歩道を小ぶりな除雪車が雪かきをしていた。これが、またいいような悪いような。県道からの上がり口に大きな壁をつくって50㎝ほどのの積雪の上ににカサ増し。とりあえず、歩いて家まで上がり、人が通れるようにスコップを持って雪かき。
でも、轍だけかいたのでは、車の腹にたまって動けなくなるから、結局、車は県道脇にある昔使っていた車庫に入れた(車庫の前にも雪の高い壁あり)。
IMG_6595.jpg
この轍はたぶん新聞屋さんのもの。2往復してやっと通れるようになった。けど、このあと夜から朝にかけて、さらに20センチも降り積もり、脇の山の竹が道をふさいだり、写真右側の轍はすべて埋まってしまった。

翌日、月曜日は、母の定期通院の日。どうやって降りるのだ?そりならいけるかも?母は「私はこんな雪慣れているから」と言い切ったが、雪は同じように降っても、足は昔のように元気ではない。ここで頑張って歩いて降りても、絶対どこかに負担がかかって痛くなる。無理だって、人ひとりしか通れない幅の雪かきがやっとだったから、支えられないよ・・・・・・・
朝、積もった雪をまたかいて、思案していたところに病院から電話がかかってきた。「遠方から来ている整形外科の先生は電車が動かないからお休みです」。
内科の先生と面談すれば家族でも薬をもらえるということだったので、わたしだけが行くことでやっと落ち着いた。
IMG_8578.jpg
オレ、雪、平気っす。オシッコするいつもの場所は雪の下に隠れていてもわかるもんね。。。

そして、同じ月曜日夕方の岡山市。後楽園外周。自宅に戻った海渡さん散歩中。雪は?雪はどこ??
皆無・・・。伯備線、方谷を過ぎると雪なしの別世界。
IMG_8609.jpg
火曜日午後、県道からの道にも除雪車が入ったそうです。母のデイサービスのお迎えの車もやっと来れるようになったとか。
IMG_8582.jpg

雪が降る前にやって来たヤツ


大根を洗った。これは新聞紙に包んでトロ箱に入れて保存しておく。土が凍みて掘れなくなったら困るから ―
というのが今までの目的だったのが最近はちょっと違う要素も加わった。
”サルに食べられるから” だ。母が痛い足をひきずり先日引き抜いてきたものを洗った。白菜も半分くらい抜いてきたというから、このあとで新聞紙にくるんですずしいところに置いておく予定。
IMG_8360.jpg
夏から秋にかけて収穫した茄子とピーマンのあとを耕してほしい ということだったので、裏の畑に上がった。残った根も引き抜いてそのあとをミニ耕耘機でひくのは夫の仕事。私は手伝い・・・ と思って畑を見ると、ん???
なんか変だ。母が一部収穫しているとはいえ、やけに畑があっさりとしている。
みずみずしい大根がむき出しになっている。

「サル」がついに出た。雪が降る前にやって来た。道に放り出してあるところと食べあとから日曜日私たちが帰る直前まで畑を荒らしていたと思われる。大根と、白菜2株、ホウレンソウも食べていた。

そして、サルの食べ残しをむさぼるイヌ一匹。ふつう海渡は畑のものを勝手に食べたりしないのに、何でこれを食べていいと判断したのだろう??

IMG_8372.jpg
冬野菜は雪に会うとさらに甘くなる。でも、畑においておくと全部食べられてしまいそう。母にサルが出たことを報告すると、全部獲ってこいという指令が下った。

なんだかかんだか相当な量。と作業・・・収穫は楽しい作業かしれないけれど、自分の口に入るかもしれないけれど、時雨れて濡れて、土も重く、寒い冷たい、どろどろのあー私はシンデレラ。。。

大根も白菜も春菊も水菜もねぎもかぶらも、60年近く生きてきた中でこの季節になかった ということがない。時期がくれば種を撒いて、肥料をやり、間引いたり虫を退治したり手間をかけて収穫にこぎつける。漬物にしたり、土にいけて保存もした。家族のため、食べていくためそうしてきた人がいた。

ずーっと続く気がしていたけど、無理みたい。無理だなぁ~ サルとも闘えないし私。

地上300メートルに上がりました。ハルカス

12月4日、あべのハルカスに行きました。地上300メートル、60階。日本一高いビルとは今回知った。
エレベーターはシューッと吸い込まれるように僅かの時間で上っていく。ここのはスケスケエレベーターでないからスカイビルのように怖くない。見えるものが違う。鳥になったみたい、そう鳥瞰図を見ているようでした。ちょうど『真田丸』の大坂冬の陣、夏の陣の戦地がパネルで実際の景色に合わせて見られるよう紹介されていました。

中央の大きな道は谷町筋。
IMG_8315.jpg
下の写真の白い屋根は、この日、この時間まさに「J1」昇格をかけての戦いがはじまろうとしている長居のスタジアム
スタジアムそばに住む息子に「ファジ勝つように応援してね」とメールしたら、「こちらはこれからセレッソ対ファジアーノです!」のメッセージにそえて、CEREZO OSAKAのタオルを掲げ、「8」のユニフォーム姿の写真が送られてきた・・・
IMG_8322.jpg
もっとちゃんと写真撮ってくればよかったな。ここはどの方向かな?
ちょうどお昼ごろで明るく、はるかりんくうのホテルも見えた。PLの塔のところはちょうど靄がかかっていた。街のビルとその周りにびっしりの住宅街。眼下は天王寺動物園で像が歩いているのがなんとなく分かる。でも像まで300メートルも距離があるのだ。

話題の「天空のイルミネーション」がぜひみたい。でなくても夜景がすごくいいらしいのと、パイン飴ソフト食べたいのでぜひまた行ってみたいハルカスでした。

そうそう、「成人式」
○大人の階段を上ろう!「ハルカスウォーク 地上300mの成人式」。というのが催され、なんと
あべのハルカスの地下1階から60階まで、1,637段の階段を上り、最上階の展望台「ハルカス300」で成人式をするのだそうだ。
”振袖や袴でご参加いただくと、あべのハルカスオリジナル台紙付き写真を無料で撮影・プレゼントします!”ってことだけど、振袖&草履ではきつそう。

ただし、参加できるのは、2017年の新成人の方、1996年4月2日~1997年4月1日生まれの方。
ということで、いくつ年が違うのか、私には計算もできない方たちです。
Page top